採用の増加

非正規から正社員登用です

PC

商品の受付や企業の窓口などは、コールセンターで対応していることが増えています。そのコールセンターで求人募集される際には、雇用形態が主にアルバイトや契約社員、派遣社員といった非正規社員が大部分を占めています。しかしながら、一定期間の経験などから正社員登用などもあるので、キャリア構築することができます。正社員になることで、コールセンターの運営や他の職種を経験することができるなど仕事の幅を広げることができます。また、募集方法も求人情報サイトや求人情報誌、企業のホームページなど様々な媒体で行われ、説明会やセミナーなども積極的に開催されています。説明会やセミナーでは直接、業務内容や企業の雰囲気を確認できたり、実際に働いている方から話を聞くことができたりするので、不明な点などを確認することができるので重宝されています。

正社員募集の増加です

コールセンターの求人は、アルバイトや契約社員での採用が多かったのですが、正社員での採用が増えることが予測されます。それは、これまでコールセンターの運営は外部の専門会社に委託していた企業が多かったのですが、営業や接客を強化する目的から自社でコールセンターを運営する企業が多くなっており、それに伴い、求人も正社員での採用が多くなっています。正社員化することで、社員のモチベーションなどが向上し、より良い成果を期待することできるためです。また、災害対策などからコールセンターの機能を地方に分散する傾向も高まっており、より良い人材を確保するためも求人募集する時に正社員で募集する傾向が増加しています。