身体障害者の求人

身体障害者はすごい。

履歴書

身体障害者というと昔は使い物にならないお荷物のイメージだった。 しかし、今の障害者というのはとてもすごい方が増えてきた。 求人でもそこを求められる。 身体障害者で特に車椅子の人はパソコンができると採用率が高くなる。 盲目の人も同じである。 聾唖者の人は資格をたくさん持っている場合が多い。 なので身体障害者の求人というのはたくさん出ているが、企業も選べる立場にあるのだ。だから何も資格を持っていない身体障害者には厳しい世の中になってきた。求人を出すと障害者が殺到するらしい。 それくらい障害者でも普通に一般人と同じように正社員として働きたいのである。パートの求人はあまり人気はなく、やはり正社員の採用があるものが人気である。

求人票に書いてなくても。

求人票に資格など不問と書いてあったとしても、履歴書には持っている資格を書いておくと良い。自分の向上心をアピールしたいのなら、今勉強中の資格も表記しておくと担当者の目にとまりやすい。 身体障害者といっても社会人で社員になったら甘えは利かない。 だから、自分の通院している日に仕事を半日で終わらせてもらうような頼み事も採用前にしっかり取り決めをして話し合った方が良い。 長年かかっている病院を変わることは難しいし、それはストレスにもなる。だから通院に配慮がある会社を選ぼう。 それとできたらで良いのだが、通勤距離は短い方が良いし駅から近いなど交通の便利が良いところの方が良い。車椅子にも便利だし、それに盲人には黄色いタイルがあったりするからだ。