精神障害者の雇用

精神障害者の就職先。

スーツ

精神障害者が就職先を探すときにお世話になるところはハローワークである。 ハローワークでは障害者の雇用も推進している。 精神障害者というのは、またこれも細かく分類がされている。 でも、働く人というのは薬で症状を抑えることができる人に限られてくる。 雇用する側も医師の診断書を必要とすることが多い。 雇用しすると補助金が出るため、障害者をつかいたい企業は多い。 しかし精神障害者は見た目では障害者と分かりにくいため、監査が入ったときにあまりメリットがないのだ。 だから精神障害者雇用にあまり積極的でない企業があることも確かなことである。 補助金は2年しか出ない。なので、2年で切られる派遣のような働き方をする人も少なくない。

これから雇用。

精神障害者の雇用はパートが多い。 それはパートぐらいじゃないと働けないと主治医に言われることが多いからだ。 だから、障害年金をもらいつつパートで働く人が多い。 しかしパートは気楽だが給与が低くなる。 なので精神障害者でもパートではなく正社員雇用を狙っている人が多くなってきた。 これは年金の申請が厳しくなったことや、パートとして働けるようになって申請が通らなくなる場合があるからである。 障害者でも健常者と同じように安定した職場で働きたいと思う気持ちは同じである。 だから、正社員雇用をする企業が人気になってきた。 なのでこれからは精神書害者でも正社員登用する制度を持つ企業が増えていくだろうし、パートなどは減少するだろう。